探偵と興信所は違うのです。

興信所と探偵事務所の違う所を聴かれた場合、あまり無いのではないかと言ってもよろしいでしょう。

興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。

しかし、ちがいがあるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人むけのようです。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

しかしそのような場合でも、不倫をはじめるより前に、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料をもらうことはできません。

慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など色々な事を考えて裁判官が判断します。

探偵は依頼されたことのみを調査すれば良いということではないのです。

浮気しているかどうかを調査すると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあるでしょう。

沿ういう時には、依頼した人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。

信頼できる探偵かを確認するのには、どのような対応をしてくるのかなどで慎重に判断する事をこころがけてちょーだい。

日々、相手の生活の様子を観察するのは他人に頼まなくてもできますが、浮気の事実を決定づける証拠を掴む場合には、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が失敗がありません。

それに、探偵に頼んだ場合には、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。

法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを不貞と定めています。

すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、伴に時間を過ごしていたとしても、不倫じゃないということです。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

探偵による浮気調査の結果、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

相手が信頼できなくなってしまったら一生を伴にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかも知れません。

それに、配偶者の浮気相手に慰謝料をもとめれば、二人が別れることはエラーないでしょう。

カーナビにより浮気の事実を証明できます。

カーナビ上の履歴を見ることで、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられる可能性があります。

あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合注意する必要があります。

それに加えて、よくガソリンが入れられていた場合、デートに車が使われていることがあります。

夫の浮気相手のところに妻が談判に行って惨憺たる状態になるのは、小説やドラマでしばしば目にします。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害・殺人まで起きるという脚本もしばしば書かれます。

浮気の現場を直接つかまえるのも1つの方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)でしょう。

別れるつもりがあるならば、問題ないかも知れません。

探偵の浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。

実費には移動にかかる費用、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、張り込み時のご飯代が加算される場合もあるようです。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用を算出します。

短い期間で浮気調査を終えると費用も安くすむ理由です。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、びっくりするするほどに低料金だったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵会社を選択するのが良いと思います。
千葉で信頼できる興信所
また、探偵業の許可を取得しているのか事前調査が必要です。

違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です